So-net無料ブログ作成

<準天頂衛星>1号機 8月2日に種子島から打ち上げへ(毎日新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9日、全地球測位システム(GPS)の精度向上を目指す準天頂衛星1号機(愛称・みちびき)を8月2日午後10時54分から同11時54分の間に、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット18号機で打ち上げると発表した。

 準天頂衛星は、カーナビなどの位置情報を送信している米国のGPS衛星を補い、国内での測位を高精度化するための技術実証が目的。米衛星に代わる「日本版GPS」構築を目指し、官民共同で3基打ち上げる計画だったが、06年に産業界が撤退、残る2基の開発のめどは立っていない。前原誠司・宇宙開発担当相の私的諮問会議は10年4月「利用者の強い要望がない限り不要」との提言をまとめている。

【関連ニュース】
H2Aロケット:不明の相乗り衛星ハヤト「生きてた!」
H2A:打ち上げ成功 金星探査機「あかつき」無事分離
H2A:打ち上げ…金星探査機「あかつき」載せ 種子島
H2Aロケット:新たな打ち上げ予定は21日早朝
社説:「あかつき」出発 科学探査の魅力伝えて

<ワゴン車>回転すし店に突っ込む…客ら13人けが 大津(毎日新聞)
あの鋭い舌鋒どこに…新首相会見、物言い慎重(読売新聞)
殺処分の強制地域を指定=農水省(時事通信)
司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
「俺」「鬱」など196字OK 改定常用漢字表を答申(産経新聞)

原発運転差し止め認めず=島根1、2号機―提訴から11年・松江地裁(時事通信)

 中国電力島根原発(松江市)の1、2号機は地震に対する安全性が確保されておらず危険だとして、周辺住民ら133人が同社を相手に運転差し止めを求めた訴訟で、松江地裁(片山憲一裁判長)は31日、請求を棄却する判決を言い渡した。
 運転差し止めを命じた志賀原発2号機(石川県)訴訟の金沢地裁判決後、国は2006年に原発の耐震設計審査指針を改定。その後の差し止め訴訟判決では、同原発訴訟の控訴審を含め住民側が敗訴している。
 1999年に提訴された島根訴訟は、松江市の東西を走る活断層「宍道断層」で想定される大地震への耐震安全性が主な争点となった。 

【関連ニュース】
〔グラフィックス〕活断層「宍道断層」の評価
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【特集】もんじゅ運転再開〜信頼は取り戻せるのか〜
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」

<郵政改革法案>衆院通過へ 与野党の対立は激化(毎日新聞)
<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)
「テレビにとって緊張すべき状況」 iPad発売で民放連会長(産経新聞)
ネット選挙解禁、結論持ち越し 自民の反発で(産経新聞)
日本芸術院賞 天皇、皇后両陛下迎え授賞式(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。